人生のゴールに向かって

あらためまして、中村昌雄と申します。

当ホームページをご覧いただきましてたいへんありがとうございます。

ここでは私の自己紹介をさせてもらいます。

経歴と信念

私は1990年にオムロン株式会社に新卒で入社し、31年間勤め2021年3月に55歳で退社しました。B2B営業と営業マネジメントを行い最前線で陣頭指揮を執ってきました。失敗や苦い経験を交えながらも、おかげさまで大きな業績成果を出し続けてきました。

ホント様々な経験もしてきました、納得したサラリーマン人生を歩んできたと思っています。営業ってしんどいです、私は営業向きだとは思っていませんでしたし、簡単に売れるものではありません。

けれどもありがたいことに、私は30代に億円単位の新規商談を多く獲得するなどして一目置かれる存在になることができていました。私がお客様のために一所懸命頑張っていると、先輩たちが応援してくれて、上司にも強い支援をしてもらったからです。

上司はよく一緒にお客様に行ってくれました。お客様の上層部と信頼関係を作ってくれていたので、私は担当としてお客様の担当と話を詰めればよいのです。億単位の大きな商談をどんどん決めていくことができました。その時の私はよい上司に恵まれラッキーでした。

しかし上司が変わったらそうはいきませんでした。変わった上司はお客様に行かずに、担当に多くの営業活動を指示し報告ばかりを求めました。

たまにお客様に連れて行けと言います、仕事をしているふりをしたいんでしょう。同行する訪問客先も担当が決めるし、お客様の上司にアポもとらなければいけません。

行くと挨拶と世間話だけして、商談は担当にさせてしまう、「はいどうぞ」みたいな感じで。私はその時の上司との同行訪問を「犬の散歩」と同僚に言っていました。

そんな上司に限って、営業成果を担当に求めてきます。多くの活動量を求めてくる、売れそうにない客先に売りに行けと突撃命令を出す。そして報告させて締め付けてくる、CHECKしてACTIONと次の報告を指示する。

だから営業担当は報告のための活動になります。売れそうにない活動を続けて、もっともらしい言い訳の報告をすることが仕事になります。本当は営業担当は報告するより支援してほしいのです。

営業担当に成果を求める時点で、その上司なり組織に力がないことを証明しています。マネジメントというのは営業担当に売上成果を出させてあげることを言います、上司や組織の責任です。

本当に上司によってその部門の売上は変わります、法人営業とはこのように上司の力と組織力が合わさった組織戦だということを強く信じています。

ですので私がマネージャーになってからは、先頭を切って部下と一緒に営業活動をしました。部下を指導し、支援し、一緒にPLANして、一緒にDOしました。

売上85億円、部下85名の部門長もしましたし、営業マネジメント・人材育成・成長戦略・組織改革・業績責任を担って累計300名の部下と共に最前線で活動してきました。2度の子会社への出向で事業の立て直し、営業組織の立て直し、マーケティング戦略と営業戦略の再構築なども陣頭指揮しました。

おかげでなんとか成果も出してきましたし、部下にも成功体験を積ませて成長させてあげることができました。私自身も成功と、中には失敗も含めて多くの経験とスキルを積み重ね続けることができました。

今は40代のリーダーが中心となって頑張っています。私は世の中のもっと多くの企業の成功と繁栄をお手伝いしようと55歳で早期退職し、実践型B2B営業コンサルタントとして起業しました。

 

サービスの特長

営業担当に売り方を教えるコンサルタントや研修ではありません。実に売上は上司の力であり、組織の力そのものが表れています。

私は実際に成果を出してきた経験があり、やり方が分かっている実践者です。そんな私が最強の営業組織を作る方法をそのための方法を、5つのステップ25のチェックリストに体系化しました。

営業担当ではなく、営業を指導しているリーダー・上司・マネージャーにの方に、

【最先端の法人営業とは】【組織の売上のあげ方】【億単位の新規売上をあげるアカウント営業】【採用せざるを得ない提案の作り方】【部下の指導と支援】などを、実践的な方法で実際の業務に沿って教えてあげようと思います。

そして、その背景にあるマインドについて、しっかり話し合って一人一人の気づきを促します。成長するプロセスを経験させてあげることでこそ、本当に本人が育つことになります。

そのことで指導者が育ち、営業が成果を出すことができ、会社も売上成長することができます。営業担当が喜ぶことでしょう、私はそれが嬉しいです、私は営業担当の味方です!

 

起業した経緯

私は53歳の時に人生のGOALを設定しなおしました。2年後に退職し、第2の人生をこのGOALに向かって生きていくと決心したのです。

私自身なんとかここまで生きさせてもらい、家族・子供たちのために一所懸命頑張ってきました。おかげさまで3人の子供たちは、それぞれ独り立ちするところまで育て上げることができました。

家族と子供たちのために、それを生きがいに励みにして必死で会社勤めをしてきました。60歳の定年を前にしてこれまでの人生を振り返ったとき、ひと段落をやり遂げた納得感があります。

ここまで支えていただいた周りの方々に感謝するとともに、自分自身にもご苦労さん、という気持ちです。第1の人生をやり遂げたのかな、と思いました。そして人生100年時代といいます、その通りだと私もまだ人生を終わるまで40年ほどあります。

だから、ここからを私自身の人生として世の中に恩返しし、一緒に生きている仲間である世界中の人たち、とりわけ子供たちの幸せのために生きていくことを人生のGOALと定め、第2の人生として生まれなおしてみようと決心したのです。

 

起業についての決意

私はB2Bビジネスの営業についてお手伝いできます。B2Bを代表する企業で31年にわたり実績を積んできましたが、ここで得て身に着けたスキルと経験をもっと多くの企業に広くお伝えして、支援して役立ちたいと願っています。

多くの企業が売上を上げて繁栄し、社長さんや社員さんとご家族、関係される方が繁栄することをお手伝いしたい。繁栄は喜びや楽しみなど、できることを広げて人を幸せにします、可能性を広げて多くの人を幸せにすることができます。

私はコンサルファームにいたわけでもありません、研修講師をしていたわけでもありません、31年間実際にB2Bの営業現場で部下を指導し支援しながら活動を続けてきました。

14年間のマネジメント経験の中では、営業体制や事業の建直しを陣頭指揮し、部下を指導し支援しながら一緒に働いて成果を積み重ねてきました。中には失敗や挫折もあります、部下の苦労も、やっていることの難しさもよく知っていますので、成功のための目の付け所やカン所、コツも知っています。

こんな私だからこそ伝えることができるB2B営業で売上を上げる最新のメソッドを、本当のコツ、実践的な手順などとともに、私が実際に手掛けてきた実例をまじえながらお伝えできます。

これらの記事があなたのB2Bの成功のために少しでもお役に立てるなら幸いです。あなたの会社も成功と繁栄を手にし、あなたの会社の製品・サービスを採用さいたお客様も成功と繁栄を手にしてほしい。

それぞれ社員や家族も繁栄し、その繁栄が世界に広がって世界中の子供たちが健康で笑って前向きに生きていく世界になってほしい。

そのGOALのために、あなたの会社が営業スタイルを変革して最強営業チームを作って売上拡大することを支援し、あなたと一緒に成功と繁栄を手にしたいと願っています。

プロフィール

■中村 昌雄(なかむら・まさお)

■最強営業チームを作り売上2倍をサポート!【最先端のアカウント営業】【採用せざるを得ない提案の作り方】【メンバーへの指導の方法】【支えるマネジメント】の実践的な方法を伝える

■1965年生まれ 滋賀県近江八幡市出身。子供のころから優しく、正義感の強い親分肌でリーダーシップをとる少年期を過ごす。

■大学工学部を卒業後、オムロン株式会社に入社。製造業企業を顧客として制御機器・制御システムの営業を担当。理系出身で営業は向いていないと自覚していたが、ただただお客様のために愚直に仕事に取り組む。その結果、年間2億円規模の競合切り替えによる営業成果を30代前半に5件達成するなど、事業部門の中で一目置かれる若手営業マンとして頭角を現す。

■41歳で管理職になる。2年目にM&Aした装置製造会社に立て直しのために営業部長として赴任し陣頭指揮。戦略的マーケティングの再構築・営業とサービスの再組織化・業務フロー改革・メンバー育成を実行し、売り方から届け方、アフターフォローまでの大改革に奮闘。

■その後、中部販売部長に抜擢され部下65名、売上60億円をマネジメント、東部売部長として部下85名、売上85億円のマネジメントなどを経験。

■顧客への貢献と自社の業績達成への責任感が強く、自分に厳しく活動してきた結果、大きな成果を上げる。自ら先頭を走り引っ張るリーダーシップで部下を成果に導き成長を促す。面倒見もよく、一緒に働いた多くの部下や後輩には今でも慕われている。

■顧客の経営課題から組織的意思決定を追う提案活動を自ら先導して実行。【客様が採用せざるを得ない提案】を作りこみ、顧客である大手自動車会社で競合を全面的に切替え6億円の採用を獲得。その効果が波及し世界最大の自動車会社のアメリカ新工場にて従来採用していた競合メーカーを切替え全て自社の採用を決定し10億円の売上の獲得にも成功する。エンジニアリング事業部門担当時には、商品・サービスを売込む営業スタイルから経営課題を把握して【お客様が採用せざるを得ない解決提案】を行う営業にスタイルを変換。注力したシステム事業で売上前年比230%に成長させた実績を誇る。

■若くして部長になり経営に近い立場となり、後輩や部下には気さくで優しく面倒見が良いために慕われ続ける一方で、直接の上司や居並ぶ先輩の部長たちには歯に衣せず遠慮ない態度で接し続けたために挫折を味わう。この経験は、お客様への貢献こそが自分が行うべき活動だというアイデンティティを再確認し、部下が成果を出し成長し、活き活きと働くことこそがなすべき貢献だと、あらためて足元を見直すきっかけになる。その上で営業現場の陣頭指揮を取り続け、業績と育成で成果を出し、着実に経験を積み重ねていく。

■50代を迎えてからは、人生100年時代を見据え、社会に役立ち、地域で生活する多くの人の役に立つ第二の人生をおくると決意。2018年に53才で行政書士試験にチャレンジして一発合格。また、企業戦士として業績の達成のために仕事をしてきたが、終身雇用が崩れ人材の流動化も必要な時代にあって、働く一人一人の生きがい甲斐、働きがいをサポートしたいという思いに駆られ、2019年に54才で国家資格キャリアコンサルタントを取得する。

■キャリアコンサルタント資格取得の学習を通じ、社員の働き甲斐と会社の業績の両立の重要性を認識し、従来のスタイルの引っ張るマネジメントから、部下を支えるマネジメントへ自らのスタイルを変革。部下がやりたいことを成し遂げるための指導者であり支援者であることに徹することで、一緒に働くメンバーからの信頼感が高まり、一体感が一気に強くなったことを実感する。部下からは距離が一気に縮まって親近感が増したと驚かれながら、現在の厳しいビジネス環境でも、部下が自らの意思で前向きにお客様に向き合う状況が作れることを経験。

■大組織の中で31年にわたり、多くの成功体験と失敗や挫折なども経験しながら、部門業績や部下育成など充実して納得のある仕事をしてきたと自負する。この経験とスキルをもっと広く大きく役立て、勤務先の枠を超えて世の中の多くの企業・起業家、働く人の支援をしたい気持ちが強まり、「社員を育てながら売上を2倍にする実践型B2B営業コンサルタント」として、売上成長と社員の幸せを目指す企業と起業家の支援のために奔走している。

■保有資格:行政書士・国家資格キャリアコンサルタント・GCS認定コーチ

 

Facebookでぜひ友達申請してください!Twitterにもお越しください!

私のプライベートや、ちょっとしたスキル的なことをアップしています!

お問い合わせ

 

ジャパンセールスマネジメント

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3丁目7番地7
新横浜アリーナ通りビル3F-09

 

 

タイトルとURLをコピーしました